今は新築の住宅を購入した方が得です

PR| 港区で起業家に人気のレンタルオフィス | 青梅市で注文住宅を計画するなら | 豊田市で新築一戸建てを建てる |

私達家族は15年程前に北本市の新築一戸建てだった実家を売却し、青梅市のリノベーション会社キッチン周りもリフォーム済の、相模原市で物置を設置した中古の一戸建てを購入しました。その頃はバブルも弾け、日本経済が日増しに不景気に陥り、マンションの価格もどんどん下がっている時でした。
子供が3人になったので2DKのマンションでは手狭になり、取りあえず中古の家を買って相模原市で外壁をリフォームして、後でもう一度新築に買い換えようという計画でした。

でも、バブルが弾けた後の日本は、その後も全然景気が良くなる気配は無く、住宅ローンの繰り上げ返済も思い通りにはいかず、なかなか新築の家に買い換えられませんでした。
3年前に家族の都合もあり引っ越すことになったので、ローンの残債も大分残っていましたが家を建てることにしました。

マンションを売った時はそれでも頭金が残りましたが、今度はローンの残債が新しい家の住宅ローンに乗っかる形になり、かなり厳しい状況です。でも、やっと持てた新居なのでみんな満足しています。

これから家を買う方は、買い換えを考えるとしても新築を買った方が良いと思います。
何故なら、今は中古の家も新築の家も価格が下がっているので、最初に小さめの家を買っても後に良い価格で売れる保証がありません。少しでも新しく綺麗な方が良いのです。
それなら、若いうちに熊本市のモデルハウス見学会に参加したり、希望条件を満たした家を購入してしまった方が、後に建て直すにも土地代が掛かりませんから良いと思います。

PR|住宅リフォーム総合情報|AGAお悩み相談.com|女性のための薄毛治療研究会|美容と健康女性ランキング|会社経営に必要な知恵袋|注文住宅のための用語集|健康マニアによる無病ライフ|女性向けエステ.com|